一般的に芸人達の収入源というのはテレビやライブ出演などによる、「ギャランティ」、いわゆる「ギャラ」がメインの収入源といえるだろう。

だがしかし、最近ではなんと新しくネット動画に今後の収入源となる仕事の活路を見出す芸人達も少なくはないのだ。

今現在「トップYouTuber」の中には、年収にして数億〜数千万円以上を稼ぐ者も少なくない時代になってきている。

そこでお笑いのプロフェッショナルの芸人達だったらすぐに人気者の仲間入りができる、かと思いきや実はそうではないようなのだ。

Sponsored Link

YouTuberになる芸人急増!?

今居る人気YouTuber達は、自身の動画の撮影から編集までを、すべて自分でこなす人間も少なくはない為、ある程度の手間を自分で負担することによって、自らの取り分(収入)を大きくしているとのことなのだ。

しかし、芸人YouTuberの場合は、個人で行うものではなく専門の業者が間に入って、なおかつさらに芸能事務所の取り分もあるため本人たちのもとへと収入が入るのは、ほんの少しの収入のようなのだ。

出典:https://www.lmaga.jp/news/2018/10/50699/

売れても最初は給料がない!?

日本テレビ系で、女芸人のナンバーワンを決める「THE W」で、見事決勝進出を果たし話題となっている「あぁ~しらき」はなんと、2018年10月度の月収が81円とされており、非常に話題となっているのだが、実はこれはネット動画仕事のギャラのようなのだ。

一昔前に、「整いました!」のフレーズで大ブレークを果たした、元Wコロンの「ねづっち」は、コンビ解散後に自身専用のYouTubeチャンネルを開設した。

時事的なニュースを取り上げているなぞかけの動画を約900本以上も投稿をするも入ったギャラは、わずかたったの1800円とのことなのだ。

1本あたりたった2円の計算になる。理由としては動画の制作会社のほかに、所属事務所の取り分もあったためこのような少ない収入になってしまっていた。

もともとの再生数もかなり少ないようなので、ある意味この収入額は仕方ないといえるのかもしれない。




Sponsored Link

月に数十円単位の給料もある!?

また、現在は「インタビューマン山下」を名乗っている「元ジャリズム」の「オモロー山下」は、現在芸人活動をほとんどしていない時になんと、吉本興業からたった「1円」の給料が入ってきたというのだ。

その給料の内訳は「携帯サイトの何かの仕事」であったということ。

そのほかの月も数十円単位のお金が入ってくるとのことだが、そのいずれもネットや携帯関連のものだったというのだ。

出典:https://hot-fashion.click/2017/06/13/post-14700/

しかし芸人の中でネットで活躍しているものは全く存在しないわけではない。

トータルテンボスが行なっているいたずら動画「SUSHI BOYS」はかなりの人気を誇っているようで、実際の収入はどの程度かはわからないが、他にネットで活動をしている芸人達よりもかなりの収入が入っているとの噂はよく耳にする。

しかしそれだけでは食べていけないようなので、やはり芸人らしくライブやテレビ出演などで日々の収入をまかなっているようだ。

今後は…

総じて、芸人の中でも一部の人気者を除いて、たとえひと昔に一世を風味したブレイク芸人であっても、「ネットだけで収入を稼ぐ」のはかなり難しいようです。

こちらの記事もどうぞ


Sponsored Link