中居正広さんと言えば、SMAPのリーダーとして活動していただけでなく、数々のドラマや映画にも出演していますね。

しかし、中居さんのイメージは俳優ではなく、MCの方が強いですね。

「ザ・世界仰天ニュース」「ナカイの窓」(共に日本テレビ)など地上波でも数多くの番組でMCを務めています。

そこで今回は、中居正広さんのMCとしての評判をまとめてみました。

さらに、中居さんと言えば野球をなくしては語れない存在ですが、その野球愛についても詳しく触れていきたいと思います。

Sponsored Link

中居正広さんの経歴

出典:http://girlschannel.net/topics/888826/

1972年8月18日生まれ

神奈川県藤沢市出身

身長:165cm

血液型:A型

1986年の14歳の時にジャニーズ事務所に入り、1991年にSMAPとしてCDデビュー。

SMAPとしてのアーティスト活動の他にも、ドラマ、映画の出演やバラエティや音楽番組の司会として人気に。

SMAPのメンバーは中居さんの他に「木村拓哉」、「香取慎吾」、「草彅剛」、「稲垣吾郎」のメンバーで活動していましたが、2016年に惜しまれつつ解散。

解散後も中居さんと木村さんはジャニーズ事務所に所属し、ソロで活動をしています。

MCとしての評判は?

中居さんのMCは、基本的にはしっかりしているイメージがあります。

特に仰天ニュースでは、同じくMCの鶴瓶師匠をよく弄っていますが、金スマだと中心となりきちんと仕切っています。

うたばんの時は、石橋貴明さんが自由奔放だったため、中居さんが番組を仕切っており、笑っていいともで中居さんがMCのコーナーでも仕切るスキルは高かったです。

中居さんがMCを務める番組は、中居さんを含め2人MCがいることが多く、どちらかがフリーダムでどちらかが仕切っているのが特徴的です。

また、中居さんはMCであるにも関わらず出演者をとにかく弄るのも特徴的です。

上述の鶴瓶師匠はもちろん、中居正広のブラックバラエティでは、準レギュラーだった石原良純を「まゆげ」と呼び何度も弄り、鈴木紗理奈さんとは兄妹ゲンカのようなやり取りをしたり、そして極めつけは、カンニング竹山さんを「カブトムシさいとう」という名前で呼んでいたり、この番組での中居さんは基本的にやりたい放題でした。

しかし、そんな中居さんですが、どの番組でも視聴率が安定し、中居さんのMC力が高く評価されています。

共演者を弄ったり弄られたりすることによって、番組自体を盛り上げている。これが、中居さんのMCとしての醍醐味だと思います。




Sponsored Link

熱狂的な野球愛

中居さんと言ったら何と言っても熱狂的な野球ファンとして有名です。

大の巨人ファンで、好きな選手は、原辰徳さん(巨人前監督)なのも有名です。

ちなみに、中居さんの好きな数字である「8」は、原さんが現役時代に付けていた背番号です。

中居さんはシーズン中、何度か東京ドームに足を運んで観戦をしているそうで、2000年の東京ドームでの開幕戦では、国歌斉唱をしていたことは巨人ファンにとっては今でも記憶に残っていると思います。

そして、その2000年シーズンは、9月に東京ドームで二岡選手がサヨナラホームランを放ちリーグ優勝を決めた試合でもありました。

2013年に行われた第3回ワールドベースボールクラシック(WBC)では、WBC公認サポーターに就任しました。これは、日本球界史上初だったそうです。(2017年の第4回WBCでも公認サポーターに就任)

1994年に発売されたSMAPのシングル「オリジナルスマイル」は、巨人の高橋由伸監督が現役時代東京ドームで打席に立つ際の応援歌として使用していました。

時期は2012年頃だったと思います。

また、SMAP×SMAPの人気コーナー「ビストロスマップ」内で、高橋監督が現役時代ゲストとして出演した際、MCだった中居さんは何も貰えないという理由で、実際に使用していたグローブをプレゼントしていたことがありました。

中居さんの野球愛は、芸能界はもちろん、日本国内でも上位クラスだと思います。笑

今後は…

SMAP解散後もバラエティを中心に活躍している中居正広さん。

番組内で野球関連の話題になるとテンションが急上昇する中居さん。

MCとしてはもちろんですが、野球を熱く語っている中居さんはとても魅力的です。

中居さんの番組をこれからも楽しみにしています。


Sponsored Link