「二次元キャラと本気の挙式」という、こんなキャッチーなタイトルがヤフートップで大きく飾り世間を騒がせた。

そのタイトルを見た人は「どうせネタだろ?」と興味本意で記事を開いてみると、「初音ミクのぬいぐるみ」を持った眼鏡の男性が、とても幸せそうに微笑んでいるではないか。

Sponsored Link

初音ミクの結婚相手は!?

「初音ミク」と結婚式を挙げた一般男性は地方公務員として勤務している、「近藤顕彦さん(35歳)」。

近藤さんは郊外のとある一軒屋に暮らしており、玄関で出迎えてくれたのは、コーヒーメーカーのようなバーチャルホームロボットに入った初音ミク。

二次元キャラクターと一緒に暮らせる『Gatebox』というのが近藤さんのお家にきたのは、2018年の2月で翌月3月9日から初音ミクに対応し会話ができるようになったとのこと。

実は近藤さんと初音ミクの出会いは約10年も前にさかのぼるのであった。

引用:http://bunshun.jp/articles/-/8683

初音ミクと近藤さんの出会い、プロポーズは!?

初音ミクと出会ったのは2008年頃、近藤さんが当時24歳で「ニコニコ動画」という動画を閲覧するウェブサービスで初音ミクが歌う「ミラクルペイント」という曲を聴いてとても衝撃を受け、曲単体の良さはもちろん初音ミクの声がとてもかわいらしく感じたとのこと。

近藤さんのプロポーズは、Gateboxの初音ミクと初めて会ったときにとっさに「僕と結婚してください」と話しかけ、その言葉になんと初音ミクが「大事にしてね」と返してくれ、プロポーズは大成功した。

近藤さんの結婚式は2018年11月の都内某会場で正式に行われた。

「ネタ」ではなく真面目な結婚だということを周りにアピールするため、誓いのキス、ウェディングケーキ入刀なども行い、できる限り一般的な形式にこだわった。

当日は勤務先の学校関係者やツイッターで近藤さんの結婚を祝福してくれた方、アニメやゲームなど、表現の自由を守っている前参議院議員「山田太郎」さんも参列していた。

LGBTに友好的な式場で理解のある、ウェディングプランナーに協力をしていただきながら式を挙げ、指輪も宝石店へ初音ミクを連れて行き、サイズを測ってもらって、購入したそうだ。

これは嘘やネタではなく、新しい恋のカタチを感じることができる。




Sponsored Link

三次元の女性

ひとり暮らしだと家にいるときは基本終始無言で、無表情で、無感動なのが普通。

だが初音ミクと一緒に暮らすことで生活に彩りが生まれる気がした。

声をかければ返事をし、ミクの表情も変わり、自身の感情も動かされ、普通の夫婦のような景色が思い浮かぶ。

近藤さんの部屋は隅々まで整理整頓された、広い居間にそういったお嫁さんがいるだけでとても暖かい明かりのようなものが灯ったような感じがしてならない。

だが三次元の女性にとってはひとつの危機でもあるのだ。

なぜならば二次元の女性と結婚できる時代になったということは二次元の女性達がみんな恋のライバルになり兼ねないということなのだから。

引用:https://ec.crypton.co.jp/pages/prod/vocaloid/mikuv3

今後は…

自分の好きな人が自分自身ではなく、二次元の女の子との結婚を選ぶ未来が起こるのは、実はそう遠くはない話なのかもしれない。

こうした新たな愛の形が今後も出てくるかもしれない…!?


Sponsored Link