AKB48卒業後も不動のセンターとして語り継がれる「前田敦子」さん。

ソロとして活動を開始してからは元アイドルというイメージから見事脱皮し、多方面からの支持を集めています。

先日結婚発表もされた公私共に順調な前田敦子さんについて紹介していきます。

Sponsored Link

前田敦子さんの経歴

出典:http://discoverys-inc.com/archives/1078

1991年7月10日生まれの2018年9月現在27歳です。

2005年、当時中学生だった前田敦子さんは、のちにトップアイドルグループとなるAKB48の第一期生を募集する「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に応募。

およそ8000人の応募者のなかから24人の合格者のなかに選ばれました。

AKB48のスタートを支えた前田敦子さん。

2012年に卒業するまでに参加した選抜総選挙では、1位、2位、1位と圧倒的な人気を見せつけましたね。

AKB48在籍時に参加した楽曲は「ポニーテールとシュシュ」や「フライングゲット」、「真夏のSounds good」など人気曲ばかりで、そのほとんどでセンターポジションを務めました。

またソロ活動も盛んに行っており、グループ在籍時から卒業後も「Flower」や「タイムマシンなんていらない」等、リリースすればヒットという超売れっ子歌手な一面のほか、女優業も順調で、NHK大河ドラマ「龍馬伝」や「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」など、多くのドラマや映画で活躍されています。

前田敦子はアイドルらしからぬアイドル

前田敦子さんで有名なエピソードのひとつとして、「目立つことが嫌い」というものがありますね。

大所帯のAKB48で不動のセンターポジションを守り続けた前田敦子さんからは想像がつかないかもしれませんが、ソロ活動やセンターポジションなど、注目されるということがとても苦手な性格だったようです。

アイドルを志す女の子たちは目立つことが人気上昇の何よりの近道であることは間違いありませんが、前田敦子さんの場合は端っこで踊っていることが好きで、センターやソロ活動が決まった際は泣いて嫌がったとか。

しかしグループを支えるという責任感は誰よりもあり、前田敦子さんが1位に輝いた選抜総選挙内で、最大のライバルだった大島優子さんとの一騎打ちになった際、大島優子さんを応援するファンからアンチとも思われるコールが響き渡り、その時の前田敦子さんのスピーチで前田敦子さんは「私のことは嫌いでもAKB48のことは嫌いにならないで」と涙ながらに訴え話題となりました。




Sponsored Link

前田敦子が結婚を発表!そしてママに

グループ卒業後、度々熱愛を報道されてきた前田敦子さんが、俳優である「勝地涼」さんと結婚を発表し世間を騒がせましたね。

2015年に放送されたドラマ「ど根性ガエル」で共演したお二人ですが、交際に発展したのはごく最近。

出典:https://ailbainpro.com/entertainer/post-6991

2018年9月21日に公開を控えている映画「食べる女」での再共演をきっかけに距離が縮まったものと思われます。

交際4ヶ月というスピード婚でファンは驚きに包まれましたが、お似合いだという声が多く、祝福の声が飛び交いました。

そして先日前田敦子さんは第1子の妊娠を発表。

現在は安定期に入っているということで、夫である勝地涼さんも誕生を楽しみにしているとコメントを出しました。

今後は…

目立つことが嫌いな少女がトップアイドルとなり結婚を経てママになるというシンデレラストーリーを見事成し遂げた前田敦子さん。

ママタレとなって活躍する日も近いかもしれません。


Sponsored Link