現在のアイドル戦国時代を発端となった「モーニング娘。」は卒業後もバラエティ番組などで活躍するメンバーを多く輩出していますが、現役メンバーの活躍もOGに劣りません。

モーニング娘。のサブリーダーを務める「飯窪春菜」さんはモデルに女優業とマルチに活動し、多くのファンを獲得しています。

飯窪春菜さんとはどんな方なのでしょうか、まとめていきましょう。

Sponsored Link

元モデルのサブリーダー飯窪春菜

出典:http://idoldaizukan.com/iikuboharuna/

飯窪春菜さんは1994年11月7日生まれの2018年9月現在23歳です。

モーニング娘。の10期メンバーとしてメンバー入りした飯窪春菜さん。

アイドルのオーディションは一般からの応募が多いイメージがありますが、飯窪春菜さんはモーニング娘。のメンバーとなる前からモデルとしての活動をされていました。

ティーン向けの人気ファッション誌「ラブベリー」で「壇はう」という名前でモデル活動をしていたんですね。

2011年には映画『犬とあなたの物語 いぬのえいが「バニラのかけら」』に出演し女優業デビューするなど若い世代からの支持を得て活躍をされていたようです。

そして映画出演を果たしたその年に行われたモーニング娘。10期オーディションに参加、およそ6000人の応募者の中から選ばれたわずか4人のうちの一人となり、正式にモーニング娘。への加入となったわけです。

現在はモーニング娘。のサブリーダーをつとめ、後輩の教育係に任命されるなどチームを牽引する重要な役割を任されています。

2018年いっぱいでの卒業を発表し惜しむ声が多く聞かれる状態ではありますが、今後も芸能活動は続けていくようですよ。

飯窪春菜の卒業の理由は!?

2018年秋で卒業を発表しました。

モーニング娘。でサブリーダーでもあるのですが、卒業の理由とはなんなのでしょうか。

飯窪春菜さんのコメントでは新たに挑戦したいことがたくさんあるためとのことでした。

ネットで飯窪春菜さんを検索すると「不人気」とのワードが出てきます。

ネットからの声でも「プロ意識が低い」「名を売るためにグループを利用している」「リア充を出し過ぎ」などなど批判的な声が目立つようです。

そのせいで不人気のため強制卒業ではとも言われ、これらはの飯窪春菜さんの行動から起こった声なのかどうかは定かではありませんが、少なからずファンとの不仲があったのかもしれません…

しかしこれからの挑戦という前向きな姿勢で進んでいってくれると思いますね!

飯窪春菜の母は美人!衝撃のエピソードとは

飯窪春菜さんのお母さんが美人すぎると話題になっています。

以前、飯窪春菜さんと雑誌に登場したことのあるお母さんですが、姉妹では?と囁かれるほどに若くてきれいなんです。

それもそのはず、飯窪春菜さんはお母さんが18歳の時に出産された子ということで、見た目通り年齢もかなり若いんですよね。

そんなお母さんのエピソードがなかなか面白く、娘である飯窪春菜さんの赤ちゃん時代の写真を見て、「こんなクソブスがアイドルになれるとは」と言ってみたり、髪の毛の毛先を青に染めたことから、目立ちすぎるので染め直すまでライブへの出入りを事務所に禁止されるという驚きのエピソードが多々あります。

毛先を青に染めてしまうお母さんはおそらく相当オシャレにこだわるお母さんだと思うので、私服のセンスがいいとモーニング娘。内でもファッションリーダーの役割を担う飯窪春菜さんのセンスはお母さん譲りなのかもしれませんね。

出典:dl6.getuploader.com





Sponsored Link

飯窪春菜は絵がうまい?

元モデルで現在大人気アイドルという芸能界エリートな飯窪春菜さんですが、その才能は芸能活動だけにとどまりません。

学生時代は華道や茶道に触れ、生け花は正しい姿勢の維持のため現在も続けているそうです。

そして中学時代に属していたのは美術部。

美術で全国教育美術展に参加し入選した過去もあります。

自身の絵を時折ブログなどで公開することもあり、マンガが好きな飯窪春菜さんが描いたのは大人気マンガ「黒子のバスケ」に出てくるキャラクター、黄瀬涼太。

そのクオリティーの高さが趣味レベルではないと、原作ファンからも高い評価を得ています。

今後は…

多くの才能に溢れている飯窪春菜さん。

モーニング娘。は卒業してしまいますが、今後の飛躍を期待せずにはいられません。


Sponsored Link