今注目を集めているアナウンサー「上原光紀」さん。

見る人の目を引き付けるルックスと溢れ出る秀才の雰囲気で今人気急上昇中です。

上原光紀さんとはどんな方なのでしょうか、経歴や可愛らしい性格なども紹介していきます。

Sponsored Link

NHKアナウンサー上原光紀ってどんな人?

出典:https://news-wadai.com/post-8769

上原光紀さんは1991年3月31日生まれの2018年8月現在27歳です。

宮崎県生まれ、神奈川県育ちの上原光紀さんは、中学から慶応義塾中等部へ入学し、お嬢様校として知られている慶応義塾女子高等学校へ進学、大学は慶応義塾大学法学部という偏差値70超えの超エリートなんですね。

2013年にNHKに入局し、新潟、広島と地方局で研修し、現在は東京アナウンス部で活躍されています。

NHKの仕組みでは、地方局で研修を積んだアナウンサーのなかから、全国区でも通用する人気を獲得したアナウンサーだけが東京アナウンス部へ戻ってこれるようで、上原光紀さんは異例のスピード出世といわれています。

現在はニュースウォッチ9や首都圏ニュース845などを担当されており、以前はリオオリンピックの現地キャスターも務めていました。

そんな上原光紀さんはNHKの次世代エースといわれており、未来のNHKの看板アナウンサーになるのではという期待が寄せられています。

選手のインタビューにもらい泣き?

上原光紀さんで有名なのが、リオオリンピックで現地キャスターをしていた際にみせたほほえましいエピソードなのですが、

当時卓球日本代表だった「福原愛」さんのインタビュー映像をみて、まさかのもらい泣きシーンが全国に流れたことがありました。

うっすらと涙を浮かべる程度のものではなく、ティッシュを握りしめ本格的に泣いてしまった上原光紀さん。

その姿を見た視聴者からは、上原光紀さんのもらい泣きにもらい泣きしたという意見や、ここまで感情移入できるのは絶対に性格がいい証拠などととても好感触で、上原光紀さんをもっと知りたいという声も上がったほどです。

エリートを絵に描いたような学歴を持ちながらも、自身もフィールドホッケーやスキーなど積極的にスポーツを楽しむ一面もある上原光紀さんですから、なおさら感情移入してしまったのかもしれませんね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2147087902279015701/2147149651770591503





Sponsored Link

上原光紀が注目されたきっかけは何?

今アナウンス部門で空前の上原光紀ブームが訪れていますが、きっかけはなんだったのでしょうか。

そのきっかけはTOKIOの元メンバーである「山口達也」さんの騒動の際、謝罪会見においてリポーターとして参加していた上原光紀さんの姿が放送されたことにありました。

関連記事:TOKIO「山口達也」NHK共演の女子高生にわいせつ事件。今後は!?

普段NHKやニュースを見ない層の目にも届いた上原光紀さんのリポート風景。

その場にいた芸能リポーターの方たちですら上原光紀さんの存在を知らなかったと言っていましたから、山口達也さんに確信を突く質問をしたことで各方面から注目が集まったと言っても過言ではありません。

綺麗すぎるあのリポーターは誰だと上原光紀さんを検索する視聴者が増えたことで、人気も一気にアップしたようです。

これが上原光紀さんの躍進のきっかけになったのではないでしょうか。

今後は…

上原光紀さんはアナウンサーになっていなければ絵本作家になっていたと語っているほど絵が得意であり、細すぎない完璧なスタイルと、持ち前の機転の良さ、スポーツに熱い一面やにじみ出る性格の良さなど、いい意味でのギャップを多く持っている期待のアナウンサーです。

現在交際している方はいないようなので、しばらくはアナウンサー業に邁進してくれることでしょう。


Sponsored Link