日本テレビアナウンサーとして内定したことが報じられた、元乃木坂46の中心メンバーだった「市來玲奈」さん。

アイドルとして人気者になっていた時に、学業優先をかがげ卒業し、その後アナウンサーとして活動することになったようです。

アイドルからアナウンサーというのは、元モーニング娘。の「紺野あさ美」アナ以来で話題になっています。

元モーニング娘。「紺野あさ美」 杉浦選手と結婚!局内イジメ?!

Sponsored Link

市來玲奈の経歴

市來 玲奈(いちき れな)

誕生日 : 1996年1月22日

出身地 : 千葉県

身長 : 154センチ

血液型 : A型

職業 :  元・アイドル、女優、日本テレビアナウンサー

趣味 : 映画・舞台鑑賞、旅行、エクササイズ

特技 : 競技ダンス(社交ダンス10種)

資格 : 中国語検定4級

市來玲奈のダンス経歴

幼少の頃よりバレエやダンスを習っており、小学校5年生の時にダンス教室の体験教室に参加した時に適性を見出されて競技ダンスを育成するダンス教室を紹介されたことにより、ダンス教室に所属し、小学校6年生から競技ダンスを始めました。

2007年「全関東ダンス選手権大会」のアマチュア・ジュブナイル・ラテンアメリカ部門で1位に。

船橋市立海神中学校に進学しても競技ダンスを続け、2007年8月「第2回オールジャパン・ジュニア・ダンススポーツカップ」でも日本人首位になり、同年10月にロンドンの国際大会「インターナショナル選手権」に競技ダンス選手として出場しました。

2008年には日本ダンススポーツ連盟・強化選手にノミネートされ、「ダンススポーツグランプリ in 大阪」のスタンダード・ジュニア部門では4位に、「東部日本ダンス選手権」のアマチュア・ジュニア・ラテンアメリカ部門で1位、アマチュア・ジュニア・スタンダード部門で4位に。

2009年、「全日本選抜ダンス選手権」のアマ・ジュニアダンス選手権・ラテン部門2位と4位、「全日本選手権・ジュニア10ダンス選手権大会」で6位に。

高校は早稲田大学本庄高等学院に進学し、ここでもダンス競技を続けており、日本ダンススポーツ連盟・2010年強化選手リストに選出されました。

2010年、「スーパージャパンカップ」のアマチュア本選ラテン部門、「ジュニアスタンダード・ラテン部門」に出場。

競技ダンス〜アイドルへ

これまで競技ダンス漬けで、結果も出してきていた中、2011年に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、「乃木坂46」のメンバーに。

アイドルになろうと思ったきっかけは、遠くに住んでいる祖父母にテレビに映る自分の姿を見せてあげたかったからと語っています。

2012年の乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューしました。

乃木坂46の中心メンバーとして歌手活動や、テレビのバラエティ番組などで活躍していましたが、早稲田大学に入学が決まり、「学業優先」のため2014年に乃木坂46を卒業しました。

2014年4月より早稲田大学文学部に入学。

大学生の時は学業を頑張る傍、芸能事務所「ミライプロダクション」に所属し、再度芸能界の仕事もしていました。

そして幼少よりやっていたダンスの経験を生かし、2015年にはすみだ産業会館で開催された「日本プロフェッショナルボールルームダンサーズ協会主催 NBDAダンススポーツ競技会」の「DSCJ1級 スタンダード部門」にTBSアナウンサーの「山本匠晃」アナとカップル組で出場し、優勝しています。

この様子はTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」で放送されました。

また2016年に、映画「さざ波ラプソディー」で映画初主演。

学業とタレント活動をしながら、アナウンサーを目指して就職活動を行い、2017年2月3日に「日本テレビ」アナウンサー職に内定したことが報じられました。

今後は…

2018年の4月より日本テレビにアナウンサーとして勤めるようですが、アイドルからアナウンサーになるとして注目されますね。

タレント活動をしていましたし、テレビ、バラエティなどには慣れているかもしれませんし、アナウンサーとしての出演がどうなるのか楽しみですね。


Sponsored Link