結婚出産を経てさらに人気を獲得し続けている女優の「上戸彩」さん。

ドラマではなくてはならない存在となり、あどけない笑顔で活躍していた頃から一皮むけて、大人の女性としての美しさで男性からも女性からも高い支持を集めています。

今回は上戸彩さんについてこれまでの活動や家族関係などをまとめていきましょう。

Sponsored Link

上戸彩さんの経歴

出典:https://grapee.jp/320106

1985年9月14日生まれの2018年7月現在32歳です。

2012年にEXILEの「HIRO」さんと結婚を発表し、2015年に長女を出産されている一児の母でもあります。

上戸彩さんの芸能界入りのきっかけは1997年に行われた「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で、参加者の中で最年少の小学6年生だった上戸彩さんはこのコンテストで審査員特別賞を受賞しました。

グランプリではないということが不思議な気がしますが、コンテスト内で上戸彩さんは審査員として入っていた社長らに大きな印象を与え実質グランプリでありましたが、小学生という年齢からドラマなどへの起用が先になると判断されたことから審査員特別賞という枠での受賞となったようです。

小学6年生の上戸彩さんは今後の芸能界をも変えるという確信を事務所社長は得ていたと語っています。

見事芸能界入りを果たした上戸彩さんは2000年からドラマへ出演し女優としての活動をスタート。

2001年に出演したドラマ「3年B組金八先生」の第6シリーズに出演し、当時はあまり知られていなかった性同一性障害の生徒、鶴本直役を演じ話題を呼びました。

今では想像がつきませんが、上戸彩さんはアイドルユニットで活動をしていた過去もあることから、2002年からはソロで歌手としての活動も始め、2002年から2009年までで16枚のシングル、5枚のアルバムをリリースしています。

上戸彩が出演したドラマがすごい

人気女優としてさまざまな作品に出演してきた上戸彩さん。

活発な印象とは違いシリアスな演技にも定評があります。

上戸彩さんが出演した作品はかなりの確率で大ヒットとなり、人気作品に上戸彩ありというイメージを植え付けました。

これまでどのような番組に出演してきたかというと、2003年には野島伸司脚本の「高校教師」、2010年にはドラマ「流れ星」で月9のヒロインを飾り、2013年には社会現象にまでなったドラマ「半沢直樹」にも出演。

「半沢直樹」は瞬間最高視聴率46.7%という驚異の視聴率を叩きだしたドラマとして現在でも語り継がれていますね。

2014年に出演したドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」では不倫というテーマで純愛を描くストーリーで多くの女性からの支持を集め、2017年には映画も公開されました。

出典:https://kosatsu-diary.com/uetoaya-4714

清純派女優から妖艶な芝居もできるようになったと話題を集めましたね。

映画への出演も積極的にされており、「あずみ」(2003)や「テルマエ・ロマエ」(2014)など人気映画への出演も目立っています。




Sponsored Link

家族を支え続けた上戸彩

小学生から芸能界で活動している上戸彩さんですが、幼少期は家庭環境で苦労をされた時期もあるようです。

北海道出身の父と沖縄県出身の母の間に生まれた上戸彩さん。

幼い頃に両親が離婚したことから16歳年上の長男と2歳年上の次男を含む4人でお母さんに引き取られ育てられました。

学生時代に上戸彩さんが稼いだお給料のほとんどは家計のために使われていたようです。

自分たちの事を女手一つで育ててくれたお母さんのために、上戸彩さんは19歳の時にマンションを購入しプレゼントするという親孝行をしています。

2004年、2005年、2006年、2009年、2010年、2015年と多い時で15社のCMに出演しCMクイーンを獲得してきた上戸彩さんの好感度はこういった苦労から来ている面も大きいのではないでしょうか。

今後は…

現在は妻、母、女優と三足の草鞋で奮闘している上戸彩さん。

これからの活動からも目が離せません。


Sponsored Link