近頃、多くの若手俳優が次々とドラマや映画で実力を残している俳優界で、確実に人気を伸ばしている「古川雄輝」さん。

さらなる活躍が期待される古川雄輝さんの経歴から出演作までを紹介していきます。

Sponsored Link

古川雄輝さんの経歴

出典:https://joy-spo.com/7122

1987年12月18日生まれです。

東京都で生まれた古川雄輝さんは、医師であるお父さんの仕事の都合で7歳から15歳までの8年間をカナダで過ごされたそうです。

お父さんがお医者さんということもすごいですが、海外で活躍される優秀なお医者さんだったんですね。

カナダで小学、中学を過ごされた古川雄輝さんは中学卒業後、高校進学のタイミングで単身ニューヨークへと移住し、高校卒業までの3年間を過ごされました。

高校卒業後、慶応義塾大学ニューヨーク学院へ進学、日本へ帰国してからは慶応義塾大学理工学部へ移り卒業されています。

慶応義塾大学の理工学部の偏差値は67程度と言われていますので、お父さんの血を見事に受け継いで古川雄輝さんも優秀だということがわかりますね。

優秀な古川雄輝さんですが、どういう経緯で芸能界入りを果たしたんでしょうか?

慶応大学のミスターを獲得

日本に帰国した古川雄輝さんですが、帰国子女ということで相当モテたのではないかと推測されます。

身長180センチというルックスもあり、2009年ミスター慶応にも選ばれています。

そんな古川雄輝さんが芸能界入りしたきっかけは、2010年に行われたホリプロ創業50周年を記念した新人を発掘するオーディションである「キャンパスター★H50withメンズノンノ」に参加したことにあるようです。

このオーディションで審査員特別賞を受賞したことにより芸能界入りを果たしたんですね。

日本ではこれまで認知度は決して高くなかった古川さんですが、11年間という海外生活で培った英語力で中国での人気が高いんです。

中国版Twitterと言われている「Weibo」ではフォロワー数100万人以上という桁外れの人気を誇っています。

近頃日本でも活躍の場をどんどん伸ばしており、ドラマへの起用も増えてきています。

「石原さとみ」さんと「山下智久」さんが主演を務めたドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」では武器である英語力を存分に発揮し注目を集め、「玉森裕太」さん主演のドラマ「重要参考人探偵」では女性にとことん優しいイケメンモデルの役を熱演、女性ファンを確実に増やしました。

そしてNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」への起用も合わせて、知名度は格段に上がりましたね。

関連記事:「石原さとみ」本名は?!ドラマ共演で熱愛!?

「山下智久」彼女は石原さとみ!?




Sponsored Link

男らしい恋愛観

ミスター慶応の帰国子女で高身長、整った顔立ちと言えばもちろん恋愛についても気になるところですが、中世的な容姿とは反対に恋愛観は男らしいようですよ。

過去に付き合った彼女については隠す必要性を感じないと発言されているようで、元SKE48で現在フリーアナウンサーとして活動している「柴田阿弥」さんと食事デートが取りざたされましたが、仲の良い友人と発表されているところをみると本当に付き合ってはいなさそうですね。

出典:https://seidentest.com/furukawa-sibata/

芸能人だからできることとしてエゴサーチをするということも公言しており、ここまで包み隠さず公言してしまう古川さんなので彼女が出来れば何かしらの方法でファンには報告しそうな気もします。

今後は…

俳優としての目標は「渡辺謙」さんだと言う古川雄輝さん。

これからの活躍からも目が離せませんね。


Sponsored Link