若手俳優のなかでも飛ぶ鳥を落とす勢いなのが「菅田将暉」さんです。

カメレオン俳優という名にふさわしい演技力は、同じ役者さんということすらわからなくなってしまうほどの変貌ぶりをみせ、CMや歌手活動、そして関西人ならではのノリの良さでバラエティー番組でも活躍されています。

菅田将暉さんの現在までに迫ります。

Sponsored Link

菅田将暉さんの経歴

出典:http://kyun2-girls.com/archives/2551

菅田将暉さんは1993年2月21日大阪で生まれました。

本名は菅生大将(すごう たいしょう)といいます。

身長は176cmの血液型A型。

色が白く端正な顔立ちをしていることから、中学時代からスカウトをされるなどの経験があり、ドラマが好きだったという菅田将暉さんはなりゆきでオーディションなどに応募をし始めることになります。

14歳の時に応募した「アミューズ30周年記念オーディション」は応募総数なんと65.368人の中からファイナリストの31人に残るという好成績を残し、翌年の2008年に応募した「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でもファイナリスト12名に残りました。

大手オーディションで2年連続ファイナリストというのはさすがというしかありません。

このジュノンスーパーボーイコンテストをきっかけに俳優業を始められた菅田将暉さん、活動開始からわずか1年の2009年に「仮面ライダーW」で初主演を務められるという俳優界でいう超エリートコースを行かれたのです。

役作りに対する取り組みが斜め上の菅田将暉

視聴者だけではなく多くの俳優仲間や業界関係者からも天才と言われる菅田将暉さん。

役によって人相が全く違うんですよね。

菅田将暉さんを知ったばかりという方は、菅田さんと認識していない役が実は菅田さんだったなんてこともあると思います。

役作りにたいしてもかなりストイックに取り組むようで、2015年に公開された映画「海月姫」では女装男子を演じるべく、女性の体に近づけるために体重を10キロ減量、日常生活ではヒールのある靴を履いて生活するなど徹底した女装男子をつくり上げました。

その翌年2016年に撮影された「2017 あゝ、荒野」ではボクサー役として出演、試合相手役の俳優に体格を合わせるため15キロも体重を増やしたそうです。

たった1年での出来事なので相当苦労されたことと思います。

どうしてそこまでするのかと聞かれた菅田将暉さんは、作品のためや視聴者のためという答えではなく、自己満足のためと答えられています。

その返答もかっこいいですね。

出典:http://trendfolloer.seesaa.net/article/445224395.html





Sponsored Link

菅田将暉その他の活動と意外な経歴

演技派俳優として確固たる地位を獲得している菅田将暉さんですが、活躍は俳優業だけに留まりません。

映画内で歌手デビューされたのをきっかけに、2017年ブレイクアーティストに輝き世代問わず大人気のシンガーソングライター米津玄師さんとのコラボレーションにも挑戦。

高い歌唱力にも定評があります。

菅田将暉さんはクリエイティブな印象がありますが、実はかなりの秀才なんです。

父は有名な経営コンサルタントで叔父は医者という一家に生まれたからか、菅田将暉さんが通われていたのは池田高等学校という偏差値66の進学校だそうです。

大学は早稲田大学を目指されていたとか。

しかし、大学には進学せずに俳優の道に進んだようです。

今後は…

多彩な才能で若手俳優のトップとして活躍される菅田将暉さん。

俳優業以外にも活躍が期待されますね。

今後にも注目です。


Sponsored Link